nmnlblog. Album Of The Year 2010 [Top10+1 best albums of the year*]
♡♡Let's Click♪ Here!!♡♡

Tuesday, December 08, 2009

BEAK> / BEAK>

フロムSouthwest, U.K. PortisheadGeoff Barrowによる新たなプロジェクトの新譜!!
なんか訳わかんないんだけどとにかく聞いてみて凄かったのだけは間違いないっす。ただならぬオーラ全開。

BEAK> / BEAK>



BEAK>:
10年振りの新作を発表し話題を呼んだ英ブリストル最高峰バンド“ポーティスヘッド”。そのポーティスヘッドのフロントマン、ジェフ・バーロウが新バン ド、“ビーク>”を結成!メンバーにマット・ウィリアムズ、ビリー・フラーを迎え、自身が主宰する<INVADA>からデビューアルバムをリリース する!!!今作のレコーディングはブリストルにあるSOAスタジオでたった12日間で行われ、オーバーダブなどの加工を施さないライヴ・セッション形式だ という。全編ほぼインストゥルメンタル作品だがポーティスヘッドを彷彿とさせる悲しげで叙情的な楽曲から、歪んだギターとエレクトロニクスのノイズが交差 する奇天烈ナンバーまで多彩な楽曲を収録!

(メーカーインフォメーションより)

これホントにLiveセッション録音?? 情報知ってから聴きましたけどまずそれにビックリ。何コレ~。
音的にも作り的にも盤全体から醸し出されているのは間違いなく実験的な取り組みなんだけど、
基本的なリズム&ビートがストイックにミニマルに走っているので凄く馴染みやすい聞きやすいタイプ。
Portisheadとは全然違うスタンスのロックテイスト、生音重視のアプローチ。個人的にかなりツボでした。
今年ももう何度も何度も言いましたけどインストロックにめっぽう弱いタチなのでそりゃこの内容だったら好きに決まってるし。
トレモロトレモローンな曲もありますしリバーブレーション残響系な曲もあるしシューゲ好きの人も守備範囲内かも。
あ。でも歌無いしやっぱ実験的アルバムなのには間違いないのでその辺はお忘れなく。
後半に進むにつれて結構Portishead色が増してきます。(よりマニアック度が高まってくると言うか…)
しかしこれは結構レコメンドだよホント。ヘッドホンでじっくり味わって欲しい、技あり盤でございます。
T-1, T-2, T-4, T-8とかその辺オススメしておきます。中でも比較的わかりやすい曲たち。是非♪

BEAK> / BEAK>
Tracklist:
01. Backwell
02. Pill
03. Ham Green
04. I Know
05. Battery Point
06. Iron Action
07. Ears Have Ears
08. Blagdon Lake
09. Barrow Gurney
10. The Cornubia
11. Dundry Hill
12. Flax Bourton

試聴Link: http://beak.bandcamp.com/



------------------------------------------------------------------------------------------


Photo from Oh Snaps Carlos
http://ohsnapscarlos.blogspot.com/


Related Posts (Each Label):


0 Comment:

Post a Comment

Posts Feeds: Powered by FeedBurner

nmnlblog. [No Music, No Life!!] by RATA